2010年06月16日

<点字>大阪でシンポジウム開催(毎日新聞)

 視覚障害のある人にとってかけがえのない文字、点字の意義と障害者の権利について考えるシンポジウム「点字力が未来を拓(ひら)く」(毎日新聞社主催)が13日、大阪市北区のオーバルホールであり、約400人が参加した。

 09年1月から視覚障害者を取り巻く課題を多角的に報道してきた毎日新聞の「点字キャンペーン」が第17回坂田記念ジャーナリズム賞を受賞したのを記念して開催した。

 ピアニストで全盲の福田正人さん(24)によるショパン作品のピアノコンサートに続いて、障害者文化論を専門とする国立民族学博物館准教授で全盲の広瀬浩二郎さん(42)が「万人のための“点字力”入門〜さわる文字から、さわる文化へ〜」と題して講演した。

【関連ニュース】
くらしと政治:’09衆院選 マニフェスト、点字・音声で
寄り添って:日本点字120年/4 点字絵本ボランティア
寄り添って:日本点字120年/5止 盲導犬歩行指導員
寄り添って:日本点字120年/4 点訳支えるボランティア
寄り添って:日本点字120年/3 定年後も教壇に、盲学校教諭

<沖縄公庫>ずさん融資 転用未許可農地ホテル建設に8億円(毎日新聞)
都城でも口蹄疫か 飛び地感染? 9頭殺処分へ(産経新聞)
「チャグチャグ馬コ」華やか装束の馬が行進(読売新聞)
どうした自動車ジャーナリスト! 事実を語らない裏事情(Business Media 誠)
<固定資産税>16年も課税対象面積100倍で計算 (毎日新聞)
posted by オガタ ノブツグ at 16:54| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。