2010年06月11日

桂歌丸さん 肺疾患予防検討会の委員に(毎日新聞)

 厚生労働省は7日、喫煙習慣が深くかかわることから、肺の生活習慣病とも呼ばれる「慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)」の予防や早期発見に関する有識者検討会を設置すると発表した。落語家の桂歌丸さん(73)が患者代表の委員として参加し、11日に初会合を開催、年度内に報告書をまとめる。COPDは、肺気腫や慢性気管支炎などの総称。全国の患者数は約500万人、年間死者数は約1万5000人と推計されている。禁煙などで予防が可能で、早期発見と治療でリスクを大幅に軽減できることから、厚労省は健康診断の検査項目に追加するなどの対策を検討する。桂さんは、肺気腫で入院したことを機に禁煙し、現在も人気番組「笑点」の司会を務めている。

【関連ニュース】
神奈川歯科大:歓迎コンパで飲酒、新入生が死亡
ひと:堀田饒さん アジア初の糖尿病国際誌の編集長
ひと:桂歌丸さん(73) 「肺の生活習慣病」啓発大使
糖尿病:学会が新診断基準決める 確実に早期発見しやすく
訃報:牧野昭一さん83歳=作曲家

秋葉原殺傷事件 重傷の男性「風化させぬ」 若者受け継ぎ(毎日新聞)
今後の医師養成、秋以降に検討−必要数調査踏まえ(医療介護CBニュース)
<殺人>焼け跡から女性遺体 首に切られた跡 静岡・三島(毎日新聞)
<鳩山首相辞任>毎日新聞号外を配布(毎日新聞)
主人かばい脚失う…「サーブ」銅像、命日に除幕(読売新聞)
posted by オガタ ノブツグ at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。